(株)エムシーエム(MCM)は、トンネル工事用電気集じん機(集塵機)クリンジェット・エコクリーン、TBM用吹付けモルタル施工システム、その他土木関連機械を扱っております

株式会社エムシーエム / MCM Co.,Ltd. / 営業品目

土圧に優しいプレロードシェル工法 / 株式会社エムシーエム / MCM Co.,Ltd.

画期的な沈下抑制方法

土木工事(道路、鉄道、水路等)の構造物を構築する際には、トンネル、シールド、立坑、函渠など地山を掘削する工事が発生します。
掘削に際しては、地山の地質、地山の土被り、荷重の関数的特長等が変化するのでトンネルは複雑な荷重を受けます。この荷重を支える為に支保工が用いられます。
支保工は、荷重が掛かる前に設置されますが地山との間に空隙が生ずる為、この間隙を埋めなければ地山が沈下することとなります。
この沈下を早期抑制しトンネルを安定させる為には、荷重を滑らかに且つ速やかに支保工及び地山へ伝達させる支保部材が必要となります。
この目的の為に開発された画期的な沈下抑制方法が「プレロードシェル工法」で、地山と支保工の間に袋体(ジャケット)をセットし、袋に無収縮モルタルを充填することで、支保工と地山が一体化され、確実な支保能力を発揮します。

プレロードシェル工法

上に戻る

プレロードモルタル

プレロードシェル工法用に開発されたプレミックスタイプの急硬性充填材です。
  1. デンカプレロードモルタルは、凝結調整剤「デンカセッターD500」を併用することで、硬化時間を調節出来ます。
  2. デンカプレロードモルタルは、流動性に優れ、高充填性が確保出来ます。
  3. デンカプレロードモルタルは、加圧脱水性、無収縮性に優れ、注入直後から効果を発揮します。

プレロ―ドモルタルの標準配合

ブレロードモルタルT-1
タイプ 流動性
J14ロー卜(秒)
水/材料比
(%)
単位重量(kg/m3)
プレロードモルタル
高強度タイプ 2.5 〜 5.0 17.4 1,850 321
ブレロードモルタルT-1S
タイプ 流動性
J14ロー卜(秒)
水/材料比
(%)
単位重量(kg/m3)
プレロードモルタル
一般タイプ 2.2 〜 5.0 37.0 1,350 500

プレロードモルタルの物性例

ブレロードモルタルT-1
セッター量
(材量×%)
20℃でのゲル化時間
(min)
ブリーディング
(%)
圧縮強度(N/mm2)
3時間 1日 3日 7日 28日
0.0〜0.1 40〜80 0 7.7
(15.4)
16.7
(25.9)
25.3
(39.1)
37.4
(47.1)
52.9
(64.6)
※()内数値は0.1MPa で注入したモルタルの強度例です。。
ブレロードモルタルT-1S
セッター量
(材量×%)
20℃でのゲル化時間
(min)
ブリーディング
(%)
圧縮強度(N/mm2)
3時間 1日 3日 7日 28日
0.0〜0.1 30〜80 0 2.3
(3.2)
2.8
(6.7)
6.0
(11.3)
8.2
(14.6)
25.9
(29.3)
※()内数値は0.1MPa で注入したモルタルの強度例です。

プレロードモルタル注入3時間後の性状
プレロードモルタル注入3時間後の性状 プレロードモルタル注入3時間後の性状
プレロードモルタルType‐1           普通セメントモルタル

※データ等記載内容は、代表的な実験値や調査にもとつくもので、その記載内についていかなる保証をなすものではありません。

上に戻る

プレロードジャケット

プレロードジャケットは、消防ホースの製造施術をもとに作られている合成繊維製の耐圧性袋体です。
周方向に継ぎ目の無いシームレス構造なので、均一性に優れており安定した品質が確保されます。

プレロードジャケットの特徴

プレロードジャケットは、通気性、透水性を有し、耐圧性に優れています。
プレロードジャケットは、フレキシブルに富み、間隙充填性に優れています。
プレロードジャケットは、逆止弁付注入口を供え、注入作業が容易に行えます。
(注入したモルタルの加圧脱水により、高強度の充填硬化体を形成する事が可能です。)

プレロードモルタルの性状

標準口径(mm) φ150 φ200 φ250 φ300
上記以外の口径については、お問合せください。
耐圧性:0.3MPa
長さ:500o以上、必要な長さに応じて製作します。
注入口形状:現場状況に応じて、取付位置、形状を選定してください。

プレロードジャケット プレロードジャケット
注入回標準タイプ             注入回標準タイプ(上向き)
プレロードジャケット プレロードジャケット
逆止弁付注入口                  ホース注入口

上に戻る

施工手順

支保工にプレロードジャケットを設置 事前にゴムバンドを用いてプレロードジャケットを取り付ける。
掘削サイクルヘの影響を削減。
次へ  
トンネル掘削・支保工建込み  
次へ  
注入機材設置 車上ブラントにより、設置が簡単。
注入量により規模の選択。
次へ  
プレロードモルタル混練り 高速ミキサー等で混練り。
プレミックスタイプにより練り混ぜが簡単。
次へ  
加圧注入 加圧脱水性・無収縮性に優れ注入直後から効果を発揮。

プレロードシェル工法

上に戻る

施工例-1

アンブレラアーチやパイプと支保工の間隙を充.し、更に地山にプレロードを導入して沈下を抑制する。

アンブレラアーチ
プレロードシェル工法プレロードシェル工法
脚部のジャケットに充填し、プレロードを導入して沈下を抑制する
プレロードシェル工法
パイプルーフ周辺の間隙を充填し、プレロードを導入
プレロードシェル工法プレロードシェル工法

上に戻る

施工例-2

NATMトンネル天端部補強例

注入状況
プレロードシェル工法
注入完了
プレロードシェル工法

上に戻る

施工例-3

シールドトンネルのリング支保工補強例

注入完了(天端部)
プレロードシェル工法
注入完了(側部)
プレロードシェル工法

上に戻る

プレロードジャケットの納入実績 

(平成26年4月末現在)
日付 工事名 発注者 適用
1991.10 三池鉱業所 三井石炭鉱業 掘進坑道の支保 支保工と地山の当り付け
1991.3 釧路鉱業所 太平洋炭鉱 掘進坑道の支保 支保工と地山の当り付け
1993.9 舞子トンネル 南工事 本州四国連絡橋公団 舞子工事事務所 トレヴィ工法 支保工とフォァパイルの当り付け、ウィング部沈下防止
1991.10 舞子トンネル 北工事 本州四国連絡橋公団 舞子工事事務所 パイプルーフ工法・AGF工法 支保工とパイプルーフの当り付け
1994.7 荒神山トンネル JR西日本 トンネルの補修工事 支保工と地山のフォァパイルの当り付け
1994.10 長浜トンネル 日本道路公団 横浜工事事務所 AGF工法 支保工とフォァパイルの当り付け
1994.11 帷子川導水路トンネル 神奈川県 横浜治水事務所 AGF工法 支保工とフォァパイルの当り付け、支保工下部の沈下防止
1995.3 ケーソン護岸の隙間充填 神戸ポートサービス 阪神大災害でずれて隙間ができたケーソン護岸の間の充填工事
1995.3 京都市地下鉄 蹴上駅舎構築 京都市 パイプルーフ工法 φ800mmの鋼管と鋼製台座との当り付け
1995.8 ケーソン護岸の隙間充填 神戸市 阪神大災害でずれて隙間ができたケーソン護岸の間の充填工事
199.58 笹平トンネル 国土交通省 長野国道工事事務所 パイプルーフ工法 支保工とパイプルーフの当り付け
1996.2 小束山トンネル 日本道路公団 西神戸工事事務所 パイプルーフ工法 支保工とパイプルーフの当り付け、脚部沈下防止
1996.2 葉山浄化センター建設工事 日本下水道事業団  西神奈川工事事務所 支保工下部に設置し、沈下を防止
1996.5 創成川雨水貯流管工事 札幌市下水道局 パイプルーフ工法 支保工とパイプルーフの当り付け
1996.5 舞子トンネル 北工事 本州四国連絡橋公団 舞子工事事務所 トレヴィ工法 支保工とフォァパイルの当り付け、ウィング部沈下防止
1996.12 高取山トンネル(北行) 阪神高速道路公団 山手工事事務所 AGF工法 支保工とフォァパイルの当り付け、支保工下部の沈下防止
1997.1 札幌地下鉄発寒川横断工事 札幌市交通局 パイプルーフ工法 支保工とパイプルーフの当り付け
1997.3 宮崎トンネル 日本道路公団 上越工事事務所 AGF工法 支保工と地山との当り付け
1997.5 長田トンネル(北行) 阪神高速道路公団 トレヴィ工法 支保工とフォァパイルの当り付け、ウィング部沈下防止
1997.5 高取山トンネル(北行) 阪神高速道路公団 トレヴィ工法 支保工とフォァパイルの当り付け、ウィング部沈下防止
1997.5 長田トンネル(南行) 阪神高速道路公団 トレヴィ工法 支保工とフォァパイルの当り付け、ウィング部沈下防止
1998.3 休山トンネル 国土交通省 広島国道工事事務所 AGF工法 支保工の沈下防止
1998.4 東山トンネル園山工区 名古屋市道路公社 パイプルーフ工法 、支保工とパイプルーフの当り付け
1998.4 新湊川トンネル 兵庫県 神戸土木事務所 パイプルーフ工法 支保工とパイプルーフの当り付け
1998.11 青梅トンネル 日本道路公団 八王子工事事務所 トレヴィ工法 支保工とフォァパイルの当り付け、ウィング部沈下防止
1998.8 雷電トンネル 北海道開発局 トンネル改修 改修時のプロテクターと覆工コンクリートとの当り取り
1998.10 刀掛トンネル 北海道開発局 トンネル改修 改修時のプロテクターと覆工コンクリートとの当り取り
1999.2 土岐トンネル 国土交通省 多治見国道工事事務所 パイプルーフ工法 支保工とパイプルーフの当り付け
1999.7 八王子トンネル 東京都道路公社 AGF工法 支保工とフォァパイルの当り付け、
1999.9 新神戸トンネル(第1工区) 神戸市道路公社 トレヴィ工法 支保工とフォァパイルの当り付け、ウィング部沈下防止
1999.12 高取山トンネル(南行) 阪神高速道路公団 トレヴィ工法 支保工とフォァパイルの当り付け
2000.3 土岐トンネル 国土交通省 多治見国道工事事務所 パイプルーフ工法 支保工とパイプルーフの当り付け
2000.8 新神戸トンネル(第2工区) 兵庫県道路公社 AGF工法 支保工とフォアパイリングの当り付け、脚部沈下防止
2000.4 薩摩田上トンネル 鉄道建設公団 鹿児島鉄道建設所 パイプルーフ工法 支保工下部に設置し、沈下を防止
2000.10 繁藤 トンネル 日本道路公団 高知工事事務所 トレヴィ工法 支保工とフォアパイルの当り付け、脚部沈下防止
2001.3 箕面トンネル(南工区) 大阪府道路公社 トレヴィ工法 支保工とフォアパイルの当り付け、脚部沈下防止
2001.7 薩摩田上トンネル 鉄道建設公団 鹿児島鉄道建設所 パイプルーフ工法 支保工下部に設置し、沈下を防止
2001.9 大阪市営地下鉄深江橋駅 大阪市交通局 地下道新設支保工と下水管との空隙に設置し、沈下を防止
2002.2 金谷トンネル 日本道路公団 トンネルの補修工事支保工と覆工面との空隙に設置し補強
2002.7 夕張トンネル 北海道開発局帯広 トンネル補強
2003.8 JH八雲水路補修工事 日本道路公団 水路補修
2005.9 横浜高速鉄道日吉駅地下工事 東急電鉄株式会社 パイプルーフ工法 支保工とパイプルーフの当り付け
パイプルーフ工法 パイプとパイプルーフの当り付け
2006.9 上依知第2トンネル 国土交通省 横浜国道工事事務所 パイプルーフ工法 支保工とパイプルーフの当り付け
2006.9 富ヶ谷トンネル 国土交通省  パイプルーフ工法 支保工とパイプルーフの当り付け
2009.9 眉山トンネル 国土交通省九州地方整備局 トレヴィ工法 支保工とフォァパイルの当り付け
2009.10 四峰トンネル 北海道開発局 支保工と既設トンネルの当り付け
2010.10 丹波トンネル 国土交通省近畿地方整備局 脚部のみ設置沈下抑制
2012.9 岩松トンネル 国土交通省四国地方整備局 支保工と地山の当り付け、地山の早期安定を計る。
2012.10 後路地トンネル 国土交通省近畿地方整備局 支保工と地山の当り付け、地山の早期安定を計る。
脚部沈下防止
2012.11 鍋谷峠トンネル 国土交通省近畿地方整備局 支保工と地山の当り付け、地山の早期安定を計る。
2013.05 箸蔵2トンネル 国土交通省四国地方整備局 支保工と地山の当り付け、地山の早期安定を計る。
2013.05 黒崎トンネル 国土交通省近畿地方整備局 支保工と地山の当り付け、地山の早期安定を計る。
脚部沈下防止
2013.07 花渕山2号トンネル 国土交通省東北地方整備局 支保工と地山の当り付け、地山の早期安定を計る。
2013.07 十九渕トンネル 国土交通省近畿地方整備局 支保工と地山の当り付け、地山の早期安定を計る。
2013.08 新川目トンネル 国土交通省東北地方整備局 支保工と地山の当り付け、地山の早期安定を計る。
2013.10 見老津第二トンネル 国土交通省近畿地方整備局 支保工と地山の当り付け、地山の早期安定を計る。
2013.11 市屋第二トンネル 国土交通省近畿地方整備局 支保工と地山の当り付け、地山の早期安定を計る。
2013.12 稲生トンネル 国土交通省四国地方整備局 支保工と地山の当り付け、地山の早期安定を計る。
2013.12 須知トンネル 国土交通省近畿地方整備局 支保工と地山の当り付け、地山の早期安定を計る。
2014.01 宮古トンネル 岩手県 支保工と地山の当り付け、地山の早期安定を計る。
2014.02 湯川第二トンネル 国土交通省近畿地方整備局 支保工と地山の当り付け、地山の早期安定を計る。
2014.02 湯川第三トンネル 国土交通省近畿地方整備局 支保工と地山の当り付け、地山の早期安定を計る。
2014.02 周参見第一トンネル 国土交通省近畿地方整備局 支保工と地山の当り付け、地山の早期安定を計る。
2014.03 和知トンネル 国土交通省近畿地方整備局 支保工と地山の当り付け、地山の早期安定を計る。
脚部沈下防止
2014.04 八木沢トンネル 福島県 支保工と地山の当り付け、地山の早期安定を計る。

 

 

上に戻る