株式会社エムシーエム

TDRショットライニングシステム

シールド二次覆工システム

About TDRショットライトニングシステムとは?

近年、シールドトンネルでは、シールドマシーンの性能向上や、セグメントの品質向上に伴い、二次覆工一体型セグメントが適用される工事や二次覆工自体が省略される仕様のシールド工事が主流になりつつあります。

このような中でも急曲線部では、シールドジャッキの大きな偏心荷重をうけるため、また分岐合流部では将来的に開口を設けることなどから、鋼製セグメントが使用されています。

しかしながら、RCセグメント仕上がりとすることで、鋼製セグメントと覆工表面とのかぶり厚さが薄く、さらに鋼製セグメント内のリブ構造が複雑になっていることから、これらを完全に充填し、被覆する覆工技術が求められていました。

本ライニングシステムは、劣化したコンクリートを断面修復する高性能モルタルの湿式吹付け工法をペースにした技術で、従来の現場打ち覆工コンクリートでは困難が予想される、鋼製セグメント内並びに鋼製セグメントと覆工仕上がり面との間隙を充填することを目的に開発しました。

本ライニングシステムは、シールドトンネル用に開発した低コストの特殊モルタルを鋼製セグメントのリブ内の狭空間に吹付け充填し、さらに表面仕上層にシールドトンネルの用途に応じ、各種要求·性能を満足する高品質なモルタルを選定し吹付ける工法で、連続練りミキサーを使用することで大容量のモルタル吹付けを可能にしています。

Feature 工法の特徴

あらゆる急曲線に対応できる

吹付け後の左官による仕上げのため、任意の曲率に合わせて整形でき、所定の内空寸法や補強筋のかぶりが確実に確保できる。

特殊な形状や構造にも容易に対応できる

分岐合流部や箱抜き部なとの特殊な形状・構造でも容易に構築でき、さらに貯留管などで適応される洗掘防止材等の設置や、内水圧に対抗する補強構造(補強筋の配置)への対応が可能である。

トンネルの用途に応じた材料が選定できる

鋼製セグメントの内部では、廉価な充填モルタルを適用し、表層の仕上げ部は、トンネルの用途に応じた仕上材料を選定できる』士上け材料は、下水では耐硫酸モルタル、水路では耐摩耗性モルタル、共同溝ては高耐久性モルタルを適するため、必要とされる耐久性が合理的に確保できる。

鍋製セグメントの隅々まで充填でき、高い密実性が得られる

ノズル先端が自由に回転する特殊ノズルを開発し、さらに作業員が目視て充填状況を確認しながら施工できることから、セグメントの隅々までモルタルを充填させることが可能であり、密実性の高い部材を構築することが できる。開口率が小さいリブでも十分な充てんが確保できる。

施工速度が速い

モルタル材料を投入すると、適性水量て自動的に混練りし、圧送する連続練りシステムの採用により、単位時間当たりの練り上け量が多く、施工速度を速めることができる応らにシステムがコンハクトであり、トンネル坑内にシステムを複数台設置することにより工程を短縮することか可能である。

メンテナンスが容易である

§使用材料が無機系高品質モルタルてあり、将来的なメンテナンスや構造変更にも容易に対応てきる。

経済性、工期短縮に優れている

コストを抑えた充填モルタルと仕上モルタルの組合せにより、必要な機能を確保した上て、コスト低減を図った。さらに施工速度の向上て、ライニン グ構築施工期間を短縮てき、トータルでの経費削減が図れる。

Outline 工法概要

覆工構造図(例)

紺施エフロー

水噴霧養生

system 施工システム

Equipment 施工状況・機器


充填モルタルの吹付け状況


仕上げモルタルの吹付け状況


連続練ミキサー、スネーク式ポンプ、集じん機:
PFT HM24, N2FC 充填モルタル用


ダマカットミキサー:
PFT. N2FC 仕上モルタル用

Contact お問い合せ

  • Head Office

本社
〒468-0006
愛知県名古屋市天白区植田東2-1014
TEL:052-804-9633
Google Map ≫

  • Branch

北陸センター
〒939-0121
富山県高岡市福岡町下老子43-2
TEL:0766-64-0351
Google Map ≫

  • Branch

東京事務所
〒116-0013
東京都荒川区西日暮里2-53-1田中ビル201
TEL:03-3803-7474
Google Map ≫